読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンチ老化!いつまでも髪も体も心も電気でいよう!

育毛や更年期対策のあれこれをご紹介

上司が間違っていたときお対処

会社の上司に明らかな間違いがあり、指摘するときには細心の気遣いが必要です。
こういうときは、「グルになる」という手法です。
「お願いしますよ〜。◯◯さんが上にいかないとポストが詰まって、
ボクも出世できないじゃないですかー」
ここので要注意は「私はあなたを尊敬しています、だからこそあえて
間違い間違いを指摘します。出世頭のあなたに引っ張ってもらいたいからです」
というニュアンスを込めることです。
健気でちょっと図々しい部下からの言葉ならばプライドの高い上司も聞く耳を
持つはずです。
逆に、いじられたい上手の上司に関しては「いじられたいポイント」
を探し出します。そのポイントさえ謝れなければ、かなり厳しめにいっても
大丈夫です。
指摘する時には、しっかりと場の空気を読み、相手の個性と状況、
自分との関係性を理解しておく必要があります。