読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育毛を考えよう

育毛や抜け毛対策のあれこれをご紹介

シャンプーは薄毛になる?

育毛

シャンプーをしないでお湯だけで頭を洗うようになったら髪が
太くなり、コシが出てきて本数も増えた気がするという人が多
いようです。
なぜそのような変化がおこったのでしょうか。
それはシャンプーが毛髪の健康を損ない、その成長を阻害する
最大の原因であるからにほかなりません。シャンプーをやめれ
ば、この最大の原因がとりのぞかれるから、毛髪は健康になっ
てスクスクと成長し薄毛も改善されるというわけです。
シャンプーが髪や頭髪にどのような弊害をもたらすのでしょう。
その一番の原因は皮脂腺と皮脂にあると考えられます。シャン
プーをすすぎた人の頭皮を顕微鏡で見ると、よく毛穴のまわり
の皮皮膚がクレーター状に陥凹しています。このくぼみは慢性
的な炎症によって穴の周囲の真皮が溶けてしまったものと思わ
れます。
シャンプーをしすぎれば、皮脂腺が大きく発達し、発達した皮
脂腺からは皮脂がジュクジュクと出てくるようになります。
なぜなら、シャンプーで頭の皮脂をすっかり洗い落としてしま
うと、皮脂が不足してきます。そのため、皮脂を大量につくっ
て補わなければならなくなり、したがって皮脂腺が大いに発達
するのです。皮脂腺が発達しすぎると、毛髪にとってきわめて
不都合なことが起きます。毛根は毛細血管から栄養をもらい、
その栄養を使って細胞分裂をくりかえすことで髪が太く、長く
成長していくわけです。
ところが、皮脂腺が発達しすぎると毛に供給されるはずの栄養
の多くが皮脂腺へいってしまい、そのため毛は栄養不足の状態
に陥ってしまいます。そうなれば、髪が十分に成長できなくな
ることはいうまでもありません。太くて長い毛が減って逆に短
いうぶ毛のような毛が増えることになるのですから、髪は当然
まばらになり薄毛への道をたどることになります。
実際、ふつうならひとつの毛穴に太い毛が2-3本生えているとこ
ろが、大きく発育しすぎてしまった皮脂腺でいっぱいの毛穴で
は2-3本の毛を養うことができなくなり、初期では1本が進行す
るにつれて2本、そして3本全部が、うぶ毛みたいな細い毛に変
わっていきます。毛がまったくないように見える、完全に禿げ
た頭でもうぶ毛になってしまった毛は残っていることが多いの
です。