読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育毛を考えよう

育毛や抜け毛対策のあれこれをご紹介

男性ホルモン補充療法とは

テストステロンが低下し、更年期障害の症状が現れた場合は、これを補う男性ホルモン補充療法を行います。

テストステロンの分泌が正常で、精神、心理症状が強い場合は抗うつ薬を処方します。

なお、テストステロンが正常で性機能傷害が強い場合は、勃起傷害治療薬(バイアグラなど)を使います。

現在使用されている男性ホルモン製剤は、吸収効率の問題などがあり、前立腺がん発生との関係について明言した報告はなく、これらが検討課題となっています。

最近では、男性更年期障害にも関心が集まり、生理現象としてではなく疾患として考えるという気運が高まってきました。

欧米では、1980年代初頭から検討が重ねられ、1999年には、泌尿器科、内分泌科、循環器科心療内科などの医師や心理学者、また社会医学者などが加わり酷さ学会が発足。

日本でも2001年に男性更年期を研究する日本Aging Male研究会がスタートしました。